loader image

脂質代謝リスクさんにおススメの食事ポイント3つ!

脂質代謝リスクさんにおススメの食事ポイント3つ!

脂質代謝リスクさんにおススメの食事ポイント3つ! 960 1200 DNA検査with23

「自分のDNAは、脂質代謝リスクが高いのかもしれない」
「もし自分が脂質代謝リスクが高いなら、どうすればいいんだろう?」
そんなことでお悩みではありませんか?
遺伝子検査の結果、脂質代謝リスクが高いということで、お悩みの方は特に女性の方に多いです。
あなたがもしこれからあげる4つの項目の中で、一つでも当てはまることがあれば、脂質代謝リスクが高い可能性が大だと言えるでしょう。

脂質代謝リスクの特徴

・会食の時はついつい揚げ物に手を伸ばしてしまう。・体が冷えやすい。
・足がむくみやすく、体がかたい。
・お尻や太ももなどの下半身が太っており、見た目が気になっている。

いかがでしょうか?一つでも当てはまった方は、脂質代謝リスクが高い可能性がありますね。
では、自分が脂質代謝リスクが高いとすると、どうやってダイエットすればいいのでしょうか?

 

食事からの脂質代謝リスク対策とは?

しっかり対策をすれば、脂質代謝リスクが高くても怖くありません。
以下に3つの脂質代謝リスク対策方法を載せておきますので、ぜひ実践して見てくださいね。

 

1、茹で料理・蒸し料理を選ぶ。

お料理を選ぶ時、できるだけ茹で料理もしくは蒸し料理を選ぶようにしましょう。
なぜかというとその二つは、ほとんど油を使わない調理法だからです。
揚げ料理はもちろん、焼き料理も調理過程で油が多く使われており、脂質代謝リスクが高い人には危険です。
できるだけ茹で料理、蒸し料理を選ぶようにしましょう。

 

2、おやつはおかきや和菓子を選ぶ。

おやつはおかきや和菓子を選ぶようにしましょう。
なぜかというと、そのおやつは油がほとんど使われていないからです。
スナック菓子やケーキなどの洋菓子は、たくさんの油が調理過程で使われており、脂質代謝リスクが高い人には危険です。
できるだけ油の使わないおやつを選ぶようにしましょう。

 

3、ドレッシングはノンオイルに

ドレッシングはノンオイルのものに替えましょう。
ドレッシングは、思った以上に多くの油が含まれています。
せっかくカロリーの低い野菜を食べるのに、油の多く入ったドレッシングを使うなんてダメ。
ノンオイルのドレシイングや、塩や酢などをベースとした油の使っていない調味料を使いましょう。

以上3つのことを行うことが、脂質代謝リスクが高い人にあった食事面でのダイエット方法です。
ぜひ、意識してみてくださいね!!

COMPANY

■運営会社
株式会社アール・ワークス

■所在地本社
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-7-1