loader image

training
with23

training
with your 23chromosome,GENOME.
遺伝子と共にトレーニングしよう

training with23 は、
遺伝的筋肉バランスに関連する遺伝子を解析し、
速筋と遅筋のどちらが優位に働くかを解き明かします。

遺伝的筋肉バランスによって、
理想の体型を手に入れるためのトレーニング方法や結果を出しやすいスポーツ、
練習法やプレースタイルが異なります。

このような方におすすめです

筋トレが大切なのは分かるけど、ムキムキにしたくない方
筋トレの効果がなかなか実感できない方
これからスポーツを始めたり、結果を残したい方
ダイエットをしている方

with23を導入すると、店舗にとってもメリットがたくさんあります!

一生変化しない遺伝子とともに
効果的なトレーニングを

遺伝子とは

遺伝子とは、遺伝情報の1つの単位のことを言います。
言い換えると、たんぱく質を合成する部分です。

私たちの体は、筋肉や臓器、血液、骨、皮膚、髪など多くの部分からできていますが、
その主成分はいずれもたんぱく質で、男性の体の16〜18%、女性の体の14〜16%を占めています。
(水が60〜70%を占めています。)
遺伝子はたんぱく質の合成に関係する設計図の役割を果たしています。

「いつ、どこで、どれだけの量の、どのようなたんぱく質を合成するか」

私たちの体は、必要なタンパク質が必要なタイミングで必要な量作られることで完成します。
遺伝子とは一つ一つのたんぱく質の作り方のことです。

一生変化しない遺伝子

私たちは、両親からほぼ同じ遺伝子を1セットずつ受け継ぐため、あわせて2セットずつ持っています。人間の遺伝子の約99.9% は同じですが、わずかに違いがあり、その違いが私たちの遺伝的個性を
作ります。

このわずかな違いのひとつに、塩基という物質の並び方に入れ違いが起こる事があり、「変異」と呼びます。
ほぼ同じ遺伝子を2つ持っていますので、遺伝子の解析結果には、
「両方に変異がない」「片方だけ変異している」「両方とも変異している」の3つのタイプがあります。

この生まれ持った遺伝子の並び方によって、あなたの一生変わらない体質は決まっています。

一生変化しない遺伝子の並びを知ることが、理想の自分への大きな最初の一歩となるのです。

遺伝的筋肉バランスから
効果的なトレーニング法がわかる

筋肉には、大きく分けると速筋と遅筋という2種類の筋繊維があります。

そして、同じ運動やトレーニングをしても、
速筋と遅筋のどちらが優位に働くかが遺伝的に異なります。

「遺伝的筋肉バランス」とは、遺伝子を解析し、
どちらの筋肉が優位に働くかを解き明かしたものです。

遺伝的筋肉バランスを知ることで、
理想の体型を手に入れるためのトレーニング方法や
結果を出しやすいスポーツ、練習法・プレースタイルがわかります。

with23を導入すると、店舗にとってもメリットがたくさんあります!

3つの遺伝的リスク

速筋タイプ
逞しい体型になりやすい
瞬発系のスポーツが適している
高負荷の筋肉トレーニングに向いている
筋肥大しやすい

速筋が優位に働くので、他のタイプの方と同じトレーニングをしても、
速筋に刺激を加えることが多くなり、速筋を効果的に鍛えることに繋がります。

つまり、トレーニングによって筋肥大を起こしやすく、ムキムキとした逞しい体型になりやすい、ということが言えます。 高負荷のトレーニングでも高い効果を期待できます。

逆に女性などであまり逞しくしたくない場合は、筋トレを激しくやる続けるのではなく、
ウェイトの重さを軽くし、回数を増やしたり、有酸素運動を積極的に取り入れたりといった工夫が必要です。

瞬発系のスポーツが適していると言われています。

遅筋タイプ
引き締まった体型になりやすい
持久系のスポーツが適している
高負荷のトレーニングには注意が必要
筋肥大しにくい

遅筋が優位に働くので、他のタイプの方と同じトレーニングをしても、
遅筋に刺激を与えることとなります。 肥大化する速筋に加わる刺激が少なくなってしまうので、筋肉が効率よく肥大化しないタイプと言えます。

このタイプの方の場合は、ムキムキとした逞しい体型にはなりにくく、
しなやかな引き締まった体型になりやすいです。

逆に男性でからだを逞しくしたい方は、加圧トレーニングなど、速筋に効率よく刺激を
与えるトレーニング法を取り入れるなどの工夫が必要です。
強度の高いトレーニングが逆効果になりやすく、あまり追い込まない方が良いです。

持久系のスポーツが適していると言われています。

両面タイプ
逞しい体型・引き締まった体型の両方を目指せる
瞬発系、持久系どちらのスポーツにも適している
高負荷のトレーニングにも向いてる
筋肥大しやすい

速筋タイプと遅筋タイプ両方の特徴を持っています。

目的に沿った正しいトレーニングを行うことによって、速筋を中心に鍛え、逞しい体型を
目指したり、遅筋を中心に鍛え、あまりムキムキとはせずに引き締まった体型を目指したりと、どちらの体型にも比較的簡単になることが可能と言えます。

また、他のタイプの方と比較すると、瞬発系、持久系、どちらかではなく、
どちらのスポーツにも適性があると言えます。

しかし、他のタイプの方よりも、トレーニングや練習による影響が大きく、適切に行わなければ良い結果につながりにくい遺伝的体質でもあります。

お客様の声

with23を導入すると、店舗にとってもメリットがたくさんあります!

検査結果レポートサンプル

検査結果のレポートは約40ページにもわたり、
「解析結果レポートブック」「アドバイスブック」の2冊ついてきます!

COMPANY

■運営会社
株式会社アール・ワークス

■所在地本社
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-7-1